■プロフィール

黒目川太郎

Author:黒目川太郎
 水と緑に恵まれた自然豊かな東京近郊の街です。
都心の郊外のこの街には、湧水があり二つの川が流れています。こんな素晴らしい環境があるなんて私たちは大変恵まれています。そうした街を他地域のみなさんにも紹介します。みんなでこの街を元気に楽しく過ごせる街にして行きたいものです。
このブログにある国旗をクリックすると、それぞれの国の言葉で文章が出ます。どこの国の方でも見られる紹介です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■その他の言語 Ver.3
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬鳥と黒目川
DSC00374.jpg
黒目川を源流へと歩いて見ます。ここは好きなスポットのひとつ、写真で見ると変わりませんが大分傷んで来ました。
DSC00375.jpg
しばらく歩いていると、こんな可愛らしい小サギがいました。まだ子どものようですね。
DSC00376.jpg

DSC00377.jpg

DSC00378.jpg
冬鳥たちも群れていました。いつもいるカルガモとは違い、羽毛の色がきれいです。
DSC00379.jpg
大きな鯉も群れています。その水面ではカモが泳いでいます。

スポンサーサイト
地域情報 | 16:21:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりの散歩になりました
002.jpg
先ずはご挨拶です、こんにちわ。
003.jpg
今日もよく晴れています。
004.jpg
いつものように黒目川沿いを歩くと、こんな花が多く咲いていました。
005.jpg
近くでよく見ると、こんな形の白い花です。名前がわかりませんが、ハチなどの虫がたくさん来ていました。
蜜も多いようですね。
006.jpg
川へ目を向けると、水は少ないのですが、こんなにきれいでした。
007.jpg

008.jpg
やはり、秋ですね。こんなにたくさんのススキが河辺に、太陽の光に映えてきれいでした。

地域情報 | 16:51:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
黒目川沿いの散歩
DSCF2517.jpg
広場のイチョウの木の葉も、こんなにきれいに敷き詰められています。
DSCF2507.jpg
青空に映える真っ赤なピラカンサです。
DSCF2510.jpg

DSCF2512.jpg
これはドウダンツツジでしょうか、きれいに赤く染まった葉がびっしりと続いています。
DSCF2572.jpg
DSCF2587.jpg
 歩いていると、何やらいい香りがして来たので上を見上げるとロウバイが咲いていました。

地域情報 | 13:42:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
黒目川の鳥たち
DSCF0642.jpg
魚を狙っているのでしょうか
DSCF0750.jpg
こちらでもつがいの鵜が悠々と泳いでいます。
DSCF0640.jpg
 こちらにも孤高のサギがたたずんでいます。
2011_0203_152615-川の浅瀬のセグロセキレイ
岸辺の近くでは、セグロセキレイが動き回っています。
DSCF0744.jpg
こちらは三羽仲良く並んで昼寝の最中です。
DSCF0746.jpg

DSCF0738.jpg

DSCF0748.jpg
少し大きめの大サギがやって来ました。

地域情報 | 20:07:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
ここには、こんな聖なる文化も

DSCF0720.jpg
DSCF0721.jpg
子ノ神社の裏手から抜けると、このような雑木林の保全地域があります。氷川台緑地保全地域という静かな林を右手に見ながら進むと教会らしきものが見えて来ます。
DSCF0722.jpg
DSCF0724.jpg
 宗教法人聖グレゴリオの家とありました。その下には宗教音楽研究所となっています。興味を感じて、HPを調べて見たら以下のような紹介がありました。
キリスト教の典礼と典礼音楽を考えるとき欠かすことの出来ないグレゴリオ聖歌を始め,キリスト教会が宝庫としてきた音楽の保存,私たちにとっての賛美の音楽のあり方,特に日本の文化,伝統をふまえたうえでの賛美の可能性を探してまいりました。これはグレゴリオの家の創立者故ゲレオン・ゴルドマン神父の設立に当たっての言葉です。創立当初から宗教・宗派を超えて多くの方々との関わりの中でその活動を続けていることもこの家の特色と言えるでしょう。2005年11月30日聖グレゴリオの家は教皇庁の承認を得て,ドイツ国立レーゲンスブルグ教会音楽・教育音楽大学と提携を結びました。この提携によりドイツ国家資格の教会音楽家Bの学位と,教会音楽家Cの資格を日本に於いて取得する道が開かれたのです。
DSCF0725.jpg


地域情報 | 07:35:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。